LOG IN

腰痛のメカニズム パフォーマンスの最適化

by 一流の体の育て方 presented by Junichi-Yokoyama

 運動には意味深な法則が存在する
それは体からの大切なメッセージでもある

 例えば 歩いたり走ったり…
あるいは野球やテニスやゴルフなどのスイング…

これらの動作には共通の法則がある

SEO

 (SEOとは Search Engine Optimization の略で検索エンジン最適化という意味)

 ハイパフォーマンスにも最適化がある

 まず前に進む場合は、真っ直ぐに走れば速いタイムが出る…けど
 スイング系には捻りからパワーを発揮する…けど

それは…外からの見た目

体内環境では90度回転しながら移動するシステムとなっている(=パフォーマンスのための最適化)

端的に言えば…右向け右(or左)の連続した動作で移動していく

 さて、どうして腰を痛めてしまったのか?
理由を述べると幾つもあるだろう

 もしも、野球を初めて見る人にバットを渡したら どう構えるだろうか?

 野球を知っているとバットを振る構え方が出来る
 その際に、ボールを打つ瞬間の前 と ボールを打った後は、どうバットは移動したか…

 バットはテークバックしてフォロースルーの軌跡となる

つまり、それぞれの大事な局面では90度回転しながら振っている

同様にバスケットボールの神様と評されるマイケルジョーダンの動きの中にもディフェンスを抜いていく時にパフォーマンスの最適化となっていた…

そう、90度回転の法則

 しゃがんだ状態から立ち上がる動作
又は立っている状態から座る動作

90度回転しないから腰にストレスがかかる

 その90度回転しながらの動作には優れた機能性が備わっている
 これこそが真のファンクショナルトレーニングというもの

 【解説】ポイントは右足が前に行くのを左足が右足の進行を遮る その流れを逆らわないで身を任せると自然な無駄の無い動きとなる
 なんと "捻りを加えなくても体の向きは変えられる"

  右半身と左半身の凌ぎ合いがあるこそ体には潜在的に素晴らしい能力が備わっている

(応用編 その1)ブレンバスターやサイドスープレックスの技をかける⇒90度回転の法則であれば楽に相手を持ち上げられる
 そして相手にもメリットがある 抵抗感がなく優しく持ち上げられて嫌な気分にならない

(応用編 その2) (応用編 その3) … などなど可能性は拡大していく


一流の体の育て方 presented by Junichi-Yokoyama
OTHER SNAPS