LOG IN

腰痛 ラジオ体操の落とし穴

by 一流の体の育て方 presented by Junichi-Yokoyama

運動は何故する必要があるのか…

健康のため、ダイエット、精神衛生上など

正論かもしれない

とりあえずは

それでは何の疑いもなく、健康のために運動を始めるとしょう

ジムに通う、手っ取り早くジョギングをする、プールで泳ぐ、ストレッチを日課にしてみる、

他にも様々な運動はある

呼吸法は良いとか、四股踏みは良いらしい、歌をうたう、笑いが体に良い、ラジオ体操など

何の疑いもなく、運動を始めてしまう…

最近はスポーツジムに通う人よりヨガ人口が2倍以上になっている

ヨガは素晴らしい

しかし、怪我をされる人達が多いようだ

 

いきなり運動を始めたから体力がなかった…

インストラクターの指導力や知識不足…

肝心なことは、何の疑いもなく体を動かしたからだ

当たり前なんだと思っていることに大きな落とし穴がある

何の疑いもなくやっていた動作が体の内に傷あとをつけていたのだ

例えば地面に対して水平に回転する運動は楽な動きになる

それだとゴルフスイングだとゴルフボールは飛んでいかない

だから骨盤を傾ける つまりアドレス

筋肉を使うということだ

 

水平回転は重力の影響を受けないために楽な動きになる

楽だけど生産性は相当低い

スポーツには構え方がある

武術武道には型がある

筋肉を使うことが健康という生産性に繋がる

小さい頃にやったラジオ体操

その癖が残っているとスポーツは上手くならない

疑いを持ち自分の体に合わせていく

昔からあるから何の疑いもないのは残念な結果になる

水平回転で骨に固定化された負荷が加わり続ける限り腰痛は完治しないだろう

 

水平回転で骨に固定された負荷が加わり続ける限りスポーツは上手くならないだろう

OTHER SNAPS